売掛金を相手に支払わせたい

もし相手先の売掛金の支払いが滞ると、こちらとしては非常に困ってしまうものです。売掛金を相手がこちらに支払うのは「当然」の事ですから、こちらには何も非はありません。しかしあまり強く売掛金の支払いを相手に求めると、これまでのお互いの関係が壊れてしまう恐れも。非常に悩ましい問題です。売掛金を相手に支払わせたい場合に、こちらとしてはどのような手立てがあるのでしょうか。考えていきましょう。

まず、このような問題は「債権回収」という概念で一般化できます。「売掛金を支払うという当然の行為を求める権利」が「債権」に該当し、こちらは「債権者」、相手は「債務者」というわけです。債権者が債権回収を実行する場合、その方法には以下の3パターンが考えられます。

一目は、債権者自身が交渉する方法、二つ目は債権者が法的手続きをする方法、三つ目は弁護士に相談する方法です。最も着手しやすいのが、「債権者自身が交渉する」という方法です。第三者が介入しないためしばしば交渉は長期化しますが、回収に成功すれば費用は最小限で済みます。

債権者自身が債権回収の交渉をする場合、まずは「債務者の資産状況を知る」事が重要になります。例えば債務者の住所を頼りに、「不動産登記事項証明書」を取得してみるのです。その書類を見れば、債務者の住居が「持家」なのか「借家」なのかが分かります。もし「借家」であるようなら、債務者は本当に債務が支払える状況にないのかも知れません。

どんな手段で債権回収を実行するにしても、まずは債務者の資産状況を知る事から始めましょう。